お知らせ
考えている女性

これまで、日本は世界的にみると避妊薬においては、後進国と言われてきました。
しかし、現在は以前よりも状況が変化していると言われています。
それは、以前よりも自分の生活習慣に合わせて、避妊薬を上手に用いる女性が増加してきているという事です。
避妊薬というと、得られる効果は避妊のみであると考えられがちですが、避妊薬を服用することにより、ニキビが減少したり様々な症状が改善できます。
このように、あまり認知されていない様々な効果を、得ることができるのです。
ただし、避妊薬はれっきとした薬なので、副作用に関することを理解した上で、服用する必要があります。
そもそも、避妊薬というのは、女性ホルモンの働きを利用することにより、妊娠させなくします。

エストロゲンをはじめとする女性ホルモンが含まれているので、体内のホルモンバランスを調整してくれるのです。
エストロゲンの働きについては、女性らしい体を作ることや卵胞の成熟を促す、自律神経を整える働きなどをしてくれます。
女性にとって必要なホルモンであるエストロゲンを最大に働き掛けるには、ツボを押したり、大豆食品を摂取するといいでしょう。

避妊薬は、本来分泌されるはずの分泌物を、薬の作用で強制的に止めるものです。
そのため、服用を中止した際に、再度分泌物が分泌されるか不安を抱く方が多いです。
しかし、服用を中止すると、すぐに通常通り分泌物が分泌されるので、心配する必要はありません。
しかも、長い歴史がある薬剤であるのにも関わらず、これまで長期服用が要因となり、身体に悪影響が及んだという報告はありません。

避妊を目的として服用するタイプは、低用量と呼ばれており、含まれているホルモンの量が少ない製品を指します。
低用量の場合、血栓症に注意しなければなりませんが、血栓症は水分不足により生じるので、しっかりと水分を摂取していれば、問題ありません。
怖い薬というイメージですが、正しく避妊薬と付き合うことで、様々な恩恵が受けられます。

低用量ピルでも副作用はどうしても発生してしまい、服用を考えている女性の中には副作用が気になって手が出せないという人も少なくありません。
もし副作用が理由で服用できないという場合には、超低用量ピルのヤーズを調べてみましょう。
超低用量ピルなのでエストロゲンの配合量も抑えられており副作用も更に発生しにくくなっているので、ピルの入門には最適だといえます。